日経ビジネス 2002/07/01号 別冊

特別編集版 日本経済 陽はまた昇った 日本経済「企業」から始まる再生●主要28
26 陸運 海運 待ちの姿勢改め 主体的に需要創出

物流業界が抱える最大の悩みは、自ら需要を創出するのが難しいという点にある。メーカー側が生産を手控え、在庫調整を進めれば、あるいは消費低迷から、小売業が発注量を減らせば、それは即、物流需要の縮小につながる。 大手陸運業界の2001年度決算は、景気低迷の影響をモロにかぶり、減益、あるいは横這いの決算が目についた。(176ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1431文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > その他(財務)
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
update:19/09/24