日経ビジネス 2002/07/01号

有訓無訓 コラム
小さな困難に挑めば 大きな困難も克服できる 本村  正忠[日本証券投資顧問業協会会長]

山一証券が自主廃業を決めた翌日、1997年11月25日。系列の山一投資顧問(現エスジー山一アセットマネジメント)の社長だった私は、社員全員を集めてこう宣言しました。「山一が消えても、資産運用会社としての専門能力が維持できれば生き残れる」。 山一証券に代わるスポンサーの当てはありませんでしたが、トップが動揺していては、それこそ親会社の巻き添えになってしまう。(1ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1426文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
日本証券投資顧問業協会
update:19/09/24