日経ビジネス 2002/07/01号

時流超流・トレンド
新入社員で300万円の格差 フューチャーが新しい初任給制度を導入へ

 最近は日本企業でも、能力主義の浸透で同期入社間に数百万円の給与格差は珍しくなくなった。おかげで給与明細をお互い見せ合うような和気あいあいとした光景は見られなくなった。ただ、唯一、例外だったのは新入社員である。新入社員なら給与のこともお互い包み隠さず話せたはずだが…。資格の有無、ITの習熟度で差 どうやらそんな時代も終わりを告げそうである。(9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1689文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 労働条件・給与・組合
【記事に登場する企業】
フューチャーアーキテクト
update:19/09/24