日経ビジネス 2002/07/01号

監督の眼 コラム
米国で阪神・巨人戦を 星野  仙一[阪神タイガース監督]

 サッカー・ワールドカップ(W杯)で繰り広げられた熱戦の数々。同じスポーツの世界に生きる者として、私も日本代表の健闘に胸を熱くした。同時に、W杯を巡る世間の盛り上がりを見て、やはり、プロ野球は改革に向かわなければならないと改めて思った。 「W杯が終われば、サッカー熱は冷める。Jリーグがプロ野球人気を超えるなどということは起こらない」。(125ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1689文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
阪神タイガース
update:19/09/24