日経ビジネス 2002/07/08号

時流超流・トレンド In The Market
完全民営化するJR東日本 使命は株主利益より財政再建

 歴史は2度繰り返す。1度は悲劇として、2度目は茶番として——ルイ・ボナパルト(ナポレオン3世)によって帝政が復活した19世紀中葉のフランスの政治状況を、かのカール・マルクスはそう表現した。だとすれば、同じ顛末を何度も繰り返してきた政府保有株の「売却劇」なるものは、茶番かそれ以下と言わねばならない。 NTT、JR本州3社そして日本たばこ産業(JT)。(20ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1606文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 資金調達
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
【記事に登場する企業】
JR東日本
update:19/09/24