日経ビジネス 2002/07/22号

時流超流・トレンド
ほころびだらけの道路公団民営化論議 小泉vs古賀、どちらも期待薄

 「民営化するからには最終的には上場を目指すとの考え方を念頭に、濃密で広範な議論をお願いしたい」——。日本道路公団などの民営化問題を話し合う第三者機関、「道路関係四公団民営化推進委員会」が初会合を開いた6月24日、小泉純一郎首相はこう言って檄を飛ばした。 もちろん自民党道路族は激しく反発した。(8〜9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2681文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 政治 > 国内政治
【記事に登場する企業】
国土交通省
自民党
道路関係四公団民営化推進委員会
日本道路公団
update:19/09/24