日経ビジネス 2002/07/22号

特集 不動産大革命 第2章
不良債権が収益ビルに 金融手法を駆使し、動かぬ不動産を動かす

 東京都港区赤坂2丁目。外堀通りと六本木通りが交差する溜池交差点から赤坂方面を眺めると、静かにたたずむ1棟のオフィスビルが視界に入る。地上階にはアメリカンリブレストランの「トニーローマ」、そして英国の高級スーツ生地メーカー、「スキャバル」の直営店が店を構える。(30〜33ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5628文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
建設・不動産 > 不動産事業 > 購入資金(不動産売買)
政治・経済・社会 > 国内経済 > その他(国内経済)
【記事に登場する企業】
鹿島建設
日本ランディック
野村不動産
update:19/09/24