日経ビジネス 2002/07/22号

特集 不動産大革命 第1章
これまでの常識、これからの常識 元金を2倍以上に増やした男  ビル投資で「日本の不動産常識を変える」

商業ビルからマイホームまで、あらゆる不動産を利回りで評価する時代が来た。不動産の保有価値、利用価値に続き、新たに清算価値さえ問われる。過去の常識は通用しない。現場ではいったいどんな変化が起きているのか。(廣松   隆志、谷川  博、篠原  匡)首都圏759駅  マンション買ってもいい、買ってはいけない場所ランキング p38 1962年、夏——。(26〜29ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5219文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 不動産事業 > 購入資金(不動産売買)
政治・経済・社会 > 国内経済 > その他(国内経済)
【記事に登場する企業】
ダヴィンチ・アドバイザーズ
update:19/09/24