日経ビジネス 2002/07/22号

特集 不動産大革命 第3章
見えないリスクにご用心 老朽化による建て替え・解体費用、土壌汚染がネックに

 こんなことは以前にもあった。1980年代後半から90年代前半にかけてのバブル期。地価や賃料が高騰したこの時代、賃料収入と売却益が得られるワンルームマンションは個人にとって、格好の投資対象だった。 だが、バブル崩壊による土地神話の終焉で、あっけなくブームは去った。もともとワンルームマンションは床面積が小さく、住宅やオフィスに適した作りとは言い難い。(34〜37ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5954文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 不動産事業 > 購入資金(不動産売買)
医療・バイオ > その他(医療・バイオ) > その他(医療・バイオ)
【記事に登場する企業】
真如苑
第一工業製薬
日産自動車
三菱地所
三菱地所レジデンス
update:19/09/24