日経ビジネス 2002/07/22号

ケーススタディー 経営
フォルクスワーゲン “車屋”の魂が復活呼ぶ

 4月14日、時折冷たい雨の降る北ドイツの高速道路を黒い2人乗りの小型車が駆け抜けた。前席でステアリングを握るのはフェルディナンド・ピエヒ氏、後部席に座るのはベルント・ピシェッツリーダー氏だ。ともにドイツの自動車メーカー最大手、フォルクスワーゲン(VW)の経営者である。(52〜56ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7646文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > その他(財務)
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製品・販売) > 新型・モデルチェンジ・販売体制
【記事に登場する企業】
独フォルクスワーゲン社
フォルクスワーゲングループジャパン
update:19/09/24