日経ビジネス 2002/07/29号

新・会社の見方 改正商法の活用法5 経営
企業再編などに有効活用
新株予約権など株式の多様化

 今年3月、電撃的な資本・業務提携を発表した西友と米ウォルマート・ストアーズ。事実上、ウォルマートによる西友買収だが、この過程で西友に対する出資比率を高めるために登場したのが「新株予約権」という聞き慣れない言葉だ。市場関係者にも馴染みが薄かったのも道理で、この4月に施行された改正商法で新たに導入されたばかりの制度だったからだ。(60〜68ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4801文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > その他(財務)
【記事に登場する企業】
米ウォルマート・ストアーズ社
西友
日本製鉄(旧・新日鉄住金)
三井物産
update:19/09/24