日経ビジネス 2002/07/29号

本 著者に聞く パーソナル
橋本  久義 氏[政策研究大学院大学教授]   中国は脅威でなく好敵手
 『町工場が滅びたら日本も滅びる』

競争相手が強くなければ、自分も強くならない。中国を脅威ではなく好敵手ととらえ、技術を磨くことが日本のモノ作りの生きる道だと説く。中小企業の底力を知る著者ならではの、現場発の日本復活論。(聞き手は田原  真司) ——橋本さんは「日本の中小製造業は世界最強」と一貫して評価してきましたが、本書では、「中国は強敵」と警鐘を鳴らしていますね。(90ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1681文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
update:19/09/24