日経ビジネス 2002/07/29号

ビジネス世論 パーソナル
エア・ドゥ破綻で岐路に立つ新興航空会社 9割が価格競争を促進と評価

 6月25日、経営不振が続いていた北海道国際航空(エア・ドゥ)が民事再生法の適用を東京地裁に申請した。今後、全日本空輸(ANA)の支援を受け再建を目指すが、航空規制緩和を受けて低料金で参入した新興航空会社の経営は、当初危惧された通り順調には進まなかった。しかし大手寡占に風穴を開けるなど一定の役割を果たしていることも事実。(149ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:982文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
【記事に登場する企業】
エア・ドゥ
update:19/09/24