日経ビジネス 2002/08/05号

時流超流・トレンド
みずほのシステム障害の影響に期待した情報産業 特需空振り、質に変化あり

 新生みずほ銀行のオンライン・システム障害から4カ月が経過した。この事件は、金融機関だけでなく、企業経営者全体に強烈な警告を発した。情報システムのマネジメントをおろそかにしてトラブルを引き起こせば、社会的なインパクトは甚大で、経営トップ自身の責任が追及される。(6〜7ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3503文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > システムトラブル
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
【記事に登場する企業】
欧州SAP
SAPジャパン
NTTデータ
日本IBM
日立製作所
UFJ銀行
update:19/09/24