日経ビジネス 2002/08/05号

特集 官の壁はこう崩せ
規制と闘う元気企業

 郵政公社の既得権を守らんがため民間の参入障壁を極端に高くした信書便法案。民間の創意と技術の成果をむしり取ろうとする発泡酒の増税問題。 「民でできることは民に任せよ」の掛け声とは裏腹に、隙あらば官の領域を拡大しようとする動きが目につく。放っておけば規制は繁殖し、不要な仕事と組織を自己増殖させ、経済の効率を貶おとしめる「行政産業」がはびこってしまう。(26〜27ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:538文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > その他(政治・経済・社会) > その他(政治・経済・社会)
update:19/09/24