日経ビジネス 2002/08/19号

時流超流・トレンド
トヨタの中国拠点を見た ざっと100万m2、開発区で30万台生産へ

 ここは中国天津市にある経済技術開発区(TEDA)。計画総面積33km2にも及ぶこの開発区では、1980年代半ばから外資系企業の誘致が始まり、米モトローラやコカ・コーラ、韓国のサムスン電子などが生産拠点を置き、操業を始めている。この広大な開発区の最も海寄りの一角に最近、興味深い看板がお目見えした。 「豊田汽車—TOYOTA」の文字がそこに見える(右の写真)。(11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1646文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
中国・第一汽車社
中国・天津豊田汽車有限公司
トヨタ自動車
update:19/09/24