日経ビジネス 2002/08/19号

緊急特集 薄氷の米国経済 第3章
今後は 日本2年分が消えて

 米国株式市場は7月末までに、ニューヨーク証券取引所(NYSE)、店頭市場ナスダックの合計で約7兆8000億ドルを失った。頂点での時価総額はNYSEが13兆1000億ドル(2000年9月21日)、ナスダックで6兆7110億ドル(同年3月10日)だった。米国株式の時価総額は既にその4割が消えたわけだ(以上吉川雅幸氏=138ページ参照=の協力を得た)。 喪失額は邦貨換算で約936兆円になる。(139〜140ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3644文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内財政 > 株・投資動向
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
政治・経済・社会 > 国内経済 > 株・投資動向
update:19/09/24