日経ビジネス 2002/08/19号

時流超流・トレンド
来年度予算編成に落とし穴 今、必要なのはプロジェクト管理の改革

 来年度予算の概算要求が締め切られる今月末に向け、各省庁とも要求作りの詰めの作業を急いでいる。一般歳出は実質的に今年度の水準以下に抑制される見込みだが、予算編成の議論の中で見落とされていることがある。それは情報システム開発や道路建設など省庁が実施する計画の進捗管理である。(13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1687文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 基幹業務システム > プロジェクト・工程管理・生産管理システム
政治・経済・社会 > 国内財政 > その他(国内財政)
【記事に登場する企業】
米国防総省
日本政府
update:19/09/24