日経情報ストラテジー 2002/09号

特集1 ERPで企業は変わったか Q2
現場からの抵抗にどう対処すればよいのか?

 ERPパッケージによる業務プロセスの全体最適は、現場の負担を軽くする部分最適に結びつくとは限らない。この事実を認識しておかないと、感情的な対立に発展しかねない。現場には大きな負担が降りかかる 全体最適は、主に経営層のメリットになるものだ。例えば、ERPパッケージによって、経営層が前日の受発注や生産活動の結果を翌朝に見れるようになったとしよう。(36〜37ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2054文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 基幹業務システム > ERP(統合基幹業務支援)
【記事に登場する企業】
東洋ビジネスエンジニアリング
update:19/09/24