日経情報ストラテジー 2002/09号

特集2 正しい会議のススメ 傾向と対策 今こそ会議の改革に乗り出せ 
今こそ会議の改革に乗り出せ
傾向と対策 症状ごとに適切な処方を

 放っておけば、会議は自然に増えていくものだ。どこかで歯止めをかけなければならない。経営トップが主導して、「本当に必要な会議なのか」を社員1人ひとりに常に考えさせることが、見直しの第一歩になる。(53〜57ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5075文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 正しい会議のススメ プロローグ(50〜52ページ掲載)
正しい会議のススメ
特集2 正しい会議のススメ 傾向と対策 今こそ会議の改革に乗り出せ (53〜57ページ掲載)
今こそ会議の改革に乗り出せ
特集2 正しい会議のススメ 傾向と対策 今こそ会議の改革に乗り出せ (58〜59ページ掲載)
症状3 結論が出ない
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
【記事に登場する企業】
インテル
コクヨ
日本電算機
ミズノ
update:19/09/24