日経情報ストラテジー 2002/09号

講座 在庫が減らない謎を解く
稼働率中心の考え改めよ
第3回 在庫が減らない謎を解く 経営者は新しい原価計算を導入すべき

 今回は、工場で働く作業員の評価という観点から、サプライチェーン・マネジメント(SCM)による在庫削減を見ていきたい。 企業には必ず、社員の評価指標が存在する。経営者が掲げる目標に対する現場の達成度合いが評価である。目標は企業の上位階層から下位階層に提示され、評価は下位階層から上位階層に連動することになる。(202〜205ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3912文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 基幹業務システム > SCM(サプライチェーンマネジメント)*
【記事に登場する企業】
電通国際情報サービス
update:19/09/24