日経情報ストラテジー 2002/09号

ウオッチ金融
ウオッチ
金融

 あさひ銀行(本社東京)は7月から、MRO(間接資材)の調達をインターネット経由に切り替え始めた。見積もりから発注、決済までを電子化する。第一弾として、文房具や伝票、帳簿といった事務用品の納入業者約40社と取引を開始。調達価格の引き下げと、調達業務の効率化により、従来と比べて年間約5000万円のコスト削減効果を見込む。今後、パソコンや看板などに対象を広げる。(182〜183ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2088文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > EC > ネット決済・電子マネー
情報システム > データ分析・ナレッジマネジメント > ナレッジマネジメントシステム*
情報システム > 基幹業務システム > SCM(サプライチェーンマネジメント)*
情報システム > 営業支援システム > CRM・SFA(顧客支援システム)*
情報システム > 調達・購買システム > 電子調達システム*
【記事に登場する企業】
あさひ銀行
アフラック生命保険
証券取引等監視委員会
大和証券
千葉銀行
東京三菱銀行
日興ビーンズ証券
UFJ銀行
update:19/09/24