日経情報ストラテジー 2002/09号

US最新事情
先進国と途上国が連携 利用広がる遠隔医療
The Doctor Is In

 現在12歳のヨルダノ少年は、パナマの片田舎で産まれた。生まれつき頭蓋骨が変形していて眼孔が1つしかなく、知能の発達に軽い遅れがあり、食べ物を飲み込む機能にも障害がある。 一昨年の終わりに、彼は遠隔医療を利用した治療を受け始めた。この試みは将来、医学的治療が世界中どこでも可能になるという劇的な成果につながるかもしれない。(213〜215ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2318文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > その他(医療・バイオ) > その他(医療・バイオ)
情報システム > 情報共有システム > テレビ会議・パソコン会議*
通信・ネットワーク・放送 > ネットワーク機器・通信端末 > テレビ会議・パソコン会議*
【記事に登場する企業】
米セント・ジョセフ小児病院
米メディカル・ミッションズ・フォー・チルドレン
update:19/09/24