日経ビジネス 2002/08/26号

時流超流・トレンド
米景気、3番底の可能性も 早くから警鐘、ローチ氏の今後の見通し

 多くの専門家が楽観的な見通しを出していた早い時期から、モルガン・スタンレーのチーフエコノミスト、スティーブン・ローチ氏は米景気の先行きに警鐘を鳴らしてきた。同氏は、米景気は今年後半に再び落ち込んで2番底(Double−Dip)をつける可能性を指摘する。8月初旬にそれが実現する確率を当初の50%から60〜65%に引き上げた。ローチ氏に、今後の見通しを聞いた。(9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1737文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 不動産事業 > 不動産事業の市場・業界動向
建設・不動産 > 建設・不動産の市場・業界動向 > 不動産事業の市場・業界動向
政治・経済・社会 > 世界経済・貿易 > 海外景気動向・対策
ビズボードスペシャル > 市場・業界動向 > 不動産事業の市場・業界動向
【記事に登場する企業】
モルガン・スタンレーMUFG証券
update:19/09/24