日経ビジネス 2002/08/26号

特集 武富士“狂気の経営”●消費者金融 第3章
強さがもたらす危機と矛盾

昨年5月、武富士弘前支店で起きた強盗殺人放火事件。武富士は従業員5人の命を奪われた。武富士は犯人の似顔絵を刷り込んだティッシュを3億個作り、社員が配り続けた。その執念が実ったのか、今年3月、犯人が逮捕される。 この犯行の背後には、借入限度額を超え、どうにも金策がつかなくなった犯人の姿が浮かび上がる。(34〜37ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6224文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
アコム
クレディア
武富士
update:19/09/24