日経ビジネス 2002/08/26号

新・会社の見方 キャッシュフロー時代を生き抜く1 経営
緊縮の新日鉄、バブルのNTT
健全な流れが勝ち組への一歩

 銀座の高級クラブと駅前の居酒屋では、どちらが信用度の高い商売だろうか。今や正解は後者だ。客筋が確かで店が一等地にあっても、ツケ払いではいつ資金繰りに窮するか分からない。現金払いの居酒屋なら必要なおカネを常に手元に確保しておける。 同じことは企業経営にも当てはまる。(52〜54ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4904文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > その他(財務)
企業・経営・ビジネス > 財務 > 資金調達
政治・経済・社会 > 国内財政 > 株・投資動向
政治・経済・社会 > 国内経済 > 株・投資動向
【記事に登場する企業】
NTT
日本製鉄(旧・新日鉄住金)
ホンダ
update:19/09/24