日経ビジネス 2002/09/02号

時流超流・トレンド
フォード復活へナッサー色払拭 自動車事業に集中、人事にも大胆メス

に就任。フォード家からCEOが出たのは、実に22年ぶりのことで、自らが先頭に立ち、来年、創業100周年の式典を開く。また同じく昨年10月に就任したニック・シーレ最高執行責任者(COO)は「自動車事業以外の不要な資産は売っていく」と繰り返し、本業への集中投資を力説している。(10〜11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2437文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 経営陣・キーマン
【記事に登場する企業】
米フォード・モーター社
update:19/09/24