日経ビジネス 2002/09/02号

時流超流・トレンド
減税実施で企業に損失の怪 頼みの綱の税効果会計が一時的マイナス要因に

 税効果会計と言えば、リストラや不良債権処理でバランスシートが傷んだ企業にとっては救いの神だ。実質的に利益額を上積みし、株主資本を厚くする効果を持つ。実際、税効果会計のおかげで従来なら赤字なのに最終黒字を確保した企業も出てきている。 しかし、この税効果会計によって、一時的にではあるが、損失が発生するといったら驚かれるだろうか。(13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1601文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
政治・経済・社会 > 国内財政 > 税金・国債
【記事に登場する企業】
政府税制調査会
update:19/09/24