日経ビジネス 2002/09/02号

時流超流・トレンド
気がつけば日中蜜月時代 エレクトロニクスの提携で欧米・韓国勢に先行

 1972年9月29日の日中国交正常化から30年。後に振り返れば、2002年は日中の経済関係にとって大きな節目として記憶されそうだ。エレクトロニクス業界を先頭に、日中の有力企業が急速に結びつきを強めたからだ。 口火を切ったのは、1月に提携を電撃発表した海爾ハイアール集団(山東省青島市)と三洋電機だ。(14ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1462文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
【記事に登場する企業】
中国・格蘭仕企業
三洋電機
中国・TCL集団
中国・ハイアール社
中国・海信集団公司
中国・華為技術社
update:19/09/24