日経レストラン 2002/08/08号

特集1
沈む前兆 客離れはここから始まる
ランチのピークがずれることの意味とは——? いつの間にか お客様からのクレームが消えた——。 自店の看板料理を テレビや雑誌でよく見るけれど——。

 「まず最初にクレンリネスがおろそかになる。次に営業報告書の提出が遅れがちになり、そして会議の席でうつむくことが多くなる」——。居酒屋「和民」を展開するワタミフードサービスの桑原豊常務営業本部長は、「売り上げが落ちる前には、必ず店長に前兆が表れる」と言い切る。 単なる直感や経験則ではない。ちゃんと根拠がある。(24〜25ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:816文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > レストラン・飲食店
update:19/09/27