日経レストラン 2002/08/08号

特集3
ますます進む黒字企業の大型化 経営基盤弱い個店にしわよせ
「TKC経営指標(2001年)」中小飲食企業の経営動向

全国各地の8500余の会計事務所を結び、各種税務関連の情報サービスを行うTKCがまとめた平成14年版「BAST TKC経営指標」によると、2001年の飲食店は、優勝劣敗の二極化の構造がますます顕在化している。1996年以降、黒字企業の比率は減少傾向にあったが、2000年、2001年と上昇に転じた。ただし、黒字企業の大型化が進む一方、年商1億円未満の黒字企業は3年連続減少。(54〜61ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5940文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > レストラン・飲食店
update:19/09/27