日経ビジネス 2002/09/09号

時流超流・トレンド
貸し渋りに有効な新手法 デットIRの活用で予定以上の資金調達可能に

 企業の間で、都市銀行や地方銀行、生命保険会社といった金融機関を一堂に集めて事業用の資金計画を説明し、協調融資(シンジケートローン)などへの参加など、金融機関と新たな取引関係を築こうという動きが出てきた。 こうした会合は、メーンバンク制度がなく複数の金融機関からの融資を受けるシンジケートローンが主流の米国では一般的で、投資家向けの広報活動が「IR(インベス…(13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1402文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 資金調達
【記事に登場する企業】
マツダ
update:19/09/24