日経ビジネス 2002/09/09号

時流超流・トレンド In the Market
いすゞ自動車株、再建策に反応薄 最後はGMの思い通りに

 いすゞ自動車の8月の株価は、まるで夏の夜空に上がった、はかない打ち上げ花火のようだった。 お盆休みの最中の8月14日、いすゞは筆頭株主である米ゼネラル・モーターズ(GM)とメーンバンクのみずほコーポレート銀行の主導で作成した新たな再建策を発表した。発表当日、いすゞの株価は86円まで上昇(終値は82円)し、翌日も瞬間的には88円まで伸びた。(18ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1552文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
【記事に登場する企業】
いすゞ自動車
米ゼネラルモーターズ社
みずほコーポレート銀行 
update:19/09/24