日経ビジネス 2002/09/09号

特集 FC繁栄の裏側 第5回 フランチャイズラ 第1章
指導料を巡り 訴えられたセブンイレブン
第5回 フランチャイズ ランキング p.40〜45

雇用の創造、起業家の輩出、リストラ店舗の再活用など、不況下でも成長を続けるフランチャイズチェーン(FC)は今や日本経済再生のカギを握る存在となった。だが、一方で生活苦と負債の重さから本部を訴える加盟店は増えている。華々しい成長が光とすれば、加盟店から聞こえる悲痛な叫びは影。訴訟の現場から「共存共栄」をうたうシステムの裏側をのぞいた。(26〜31ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6617文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
【記事に登場する企業】
サークルKサンクス
セブン-イレブン・ジャパン
update:19/09/24