日経ビジネス 2002/09/16号

時流超流・トレンド ニュースの死角
個人向け国債の非課税案消える 谷口  智彦[日経ビジネス編集委員]

 来年2月以降売り出される個人向け国債は、金融不安と低金利の当節魅力的な投資対象だ。最近財務省理財局が関係者を集めて開いた国債市場懇談会でも「商品性が良すぎる」との指摘が出た。問題はこの点にあって、不良品を政府が押し込み販売にかかったかに書く一部報道は、むしろ誤解を招く。(20ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1592文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内財政 > 株・投資動向
政治・経済・社会 > 国内経済 > 株・投資動向
【記事に登場する企業】
財務省
update:19/09/24