日経ビジネス 2002/09/16号

ケーススタディー 経営 第2章
お手本はSTマイクロ 投資抑制しながら10%成長を追求
投資抑制しながら10%成長を追求

 今年7月11日、ワールドカップの熱狂の余韻が残る韓国ソウル。韓国のサムスン電子とNECのトップミーティングが開かれた。今回は西垣浩司社長、尹鍾龍ユンジョンヨン・副会長兼最高経営責任者(CEO)らも参加、両社の友好関係を確認しながら、お互いにビジネスチャンスを拡大する狙いだ。 そんな情報交換の席上、サムスンの電子家電担当役員が西垣社長に、こう注文をつけてきた。(63〜64ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3036文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > IC・LSI
【記事に登場する企業】
NEC
韓国・サムスン・エレクトロニクス社
update:19/09/24