日経ビジネス 2002/09/16号

ケーススタディー 経営 第3章
急がれる株主資本の増強 半導体新社の株式公開でも消えぬ不安
半導体新社の株式公開でも消えぬ不安

 NECが半導体部門を完全分社する事業再編案を議論する中で、幻と消えた資金調達計画がある。 NECが抱える連結有利子負債は過去4年間の累積営業キャッシュフローの2倍以上の2兆2597億円。連結株主資本も5649億円と、4年前に比べほぼ半減した。(65〜67ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5685文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 資金調達
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
【記事に登場する企業】
NEC
update:19/09/24