日経ビジネス 2002/09/16号

新製品トレンド リポート
若者取り込み急拡大する缶チューハイ市場 果汁や炭酸の工夫競う

 「中年男性の飲み物」というイメージの強かった缶チューハイが、20代の男女を中心に、利用者の裾野を急激に拡大している。キリンビールの調べによると、2000年には生産量ベースで29万キロリットルだったが、2002年には48万キロリットルと、2年で66%拡大する見込みだ。(192〜193ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2068文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食材・食品・飲料
【記事に登場する企業】
アサヒグループホールディングス
キリンビール
サントリーホールディングス
update:19/09/24