日経ビジネス 2002/09/16号

特集 元気が出る成果主義 第4章
人事部、管理からサービスへ 住商、プルデンシャル、前川製の改革最前線

事部はどんどん小さな組織になっています。人員はかつての3分の1ほどにまで減り、今では20人しかいません」。本体だけで約5000人もの社員を抱える住友商事の三浦一朗人事部長は話す。三浦部長によると人事部の縮小は「成果主義の自然な結果」だと言う。どういう意味か。 住商は2000年度から成果主義に基づく人事制度を導入した。(37〜39ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4625文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 人材育成・活用・制度
企業・経営・ビジネス > 人事 > その他(人事)
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 新会社・新団体・起業
【記事に登場する企業】
住友商事
プルデンシャル生命保険
前川製作所
update:19/09/24