日経ビジネス 2002/09/16号

第2特集 CIOが企業を救う 第2章
企業の論理の逆を行く 酒井  朋久 氏 サントリー常務・情報システム事業部長

1952年生まれ、49歳。76年3月東京大学法学部卒業。同年4月三和銀行(現UFJ銀行)入行。84年10月資金為替部部長代理。89年6月サントリー入社。同年8月営業推進部部長。90年8月情報システム事業部長。96年3月取締役。2001年3月から現職。サントリーは、早くから情報システムの充実を進めてきた会社として知る人ぞ知る存在である。(48〜49ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2718文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
【記事に登場する企業】
サントリーホールディングス
update:19/09/24