日経ビジネス 2002/09/23号

時流超流・トレンド 不祥事続発
ミスタードーナツV字急回復へ ダスキンが出血支援、中坊氏の再生手腕にも注目

 ダスキンがフランチャイズ展開するドーナツ店「ミスタードーナツ」の売上高が、急回復を遂げている。 ミスタードーナツが店舗で販売していた「大肉まん」に、食品衛生法で認められていない食品添加物TBHQ(ターシャリーブチルヒドロキノン)を使っていた不祥事が発覚したのは今年5月中旬。翌6月には全店売上高が前年同月比65.2%にまで落ち込んだ。(8〜9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2050文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
医療・バイオ > 食品衛生 > 食品表示・トレーサビリティ
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食品表示・トレーサビリティ
サービス・流通・生活・文化 > 食品衛生 > 食品表示・トレーサビリティ
【記事に登場する企業】
ダスキン
update:19/09/24