日経ビジネス 2002/09/23号

時流超流・トレンド
24時間対応の薬局、増加中 医療費改定で経営悪化、要件緩和も弾みつける

 今年4月に実施された調剤報酬(健康保険から調剤薬局に支払われる技術料などの価格)や薬価の改定を契機に、24時間対応を行う調剤薬局が増えてきている。 例えば最大手のクラフトは、8月末で約140店のうち20店以上が24時間対応になった。近畿地方を中心に60店以上を構える阪神調剤薬局も、全店で24時間対応を進めている。(14ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1670文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > 診療・薬剤報酬
【記事に登場する企業】
クラフト
update:19/09/24