日経ビジネス 2002/09/23号

時流超流・トレンド 人スクランブル
日本テレコムの専務執行役員、鈴木みゆき氏 起業家精神で固定通信黒字化へ

 日本テレコムの固定通信事業は、2002年3月期に377億円の営業赤字を出した。東京電力への売却が取り沙汰されたこの事業は、一般消費者(コンシューマー)向けと法人向けに分かれる。前者を担当するのが専務執行役員でコンシューマー事業本部長の鈴すず木きみゆき氏(42歳)だ。同社唯一、初の女性役員である。 通信業界は全くの未経験。(16ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1678文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > 固定電話サービス > 固定電話サービス
【記事に登場する企業】
ソフトバンクテレコム
update:19/09/24