日経ビジネス 2002/09/23号

編集長インタビュー 人物
大見  忠弘 氏[東北大学未来科学技術共同研究センター客員教授] 日本半導体は甘すぎる

 問 日本の半導体産業は瀕死の状態です。かつて世界を席巻した花形産業がここまで凋落した最大の原因はどこにあるとお考えですか。 答 まず、1980年代後半から90年代の初めにかけて日本が強かったこと自体が、まさに幸運が重なった所産だと思うんです。(136〜139ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6518文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > その他(CPU・LSI製品・技術)
【記事に登場する企業】
米インテル社
東北大学
update:19/09/24