日経トップリーダー 2002/09/01号

新事業・新商売
路上販売と宅配専門の 米穀店が登場

東京都武蔵野市で昨年秋に開業した米穀店「茂木ごはん店」(茂木一幸代表)は、ユニークな営業方法で顧客を増やしている。 同店はJR吉祥寺駅近くの商店街に週二回、露店を出し産地直送米を販売している。減農薬の生産にこだわる農家から直接仕入れた米を七種類販売している。価格は一袋五キロ入りで二六〇〇〜三九〇〇円。(18ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:491文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
茂木ごはん店
update:19/09/24