日経トップリーダー 2002/09/01号

経営の科学
成果主義型賃金の導入は慎重に 評価項目に経営戦略を反映する
グロービス・マネジメント・インスティテュート 東方雅美

人件費の抑制や従業員のやる気の向上を狙って、成果主義型の賃金制度の導入を考える経営者が増えている。その場合、経営戦略を反映した評価項目を用意し、慎重に導入を進めないと副作用に悩むことになる。ケース 創業五〇年の食品メーカーK社は、これまで家族的な雰囲気で業務を円滑に進めてきた。しかし、K社の社長には悩みがあった。(114〜115ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3025文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > その他(人事)
企業・経営・ビジネス > 人事 > 労働条件・給与・組合
【記事に登場する企業】
グロービス・マネジメント・インスティテュート
update:18/08/02