日経ビジネス 2002/09/30号

時流超流・トレンド
富士通HDD不良、住友ベークライト製材料に欠陥か 対策遅れ他製品へ波及懸念

 富士通製のパソコン用ハードディスク駆動装置(HDD)の一部に不具合が発生した問題で、このHDDを組み込んだパソコンメーカーが交換作業に追われている。富士通が最終的に負担する金額は100億円規模との見方も上がっているが、実は他の電子製品でも似たような不具合が起きる可能性が出てきて、大きな問題に発展しそうだ。(6〜7ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3260文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > 素材(半導体関連)
エレクトロニクス > 不具合・トラブル(エレクトロニクス) > エレクトロニクスの不具合・トラブル全般
ビズボードスペシャル > 素材 > 素材(半導体関連)
【記事に登場する企業】
住友ベークライト
富士通
update:19/09/24