日経ビジネス 2002/09/30号

第2特集 立ち上がる米シリコンバレー ハイテク聖地の新経営モデル
起業家に宿る独自の経営観 「技術」と「資金」のバランスを重視

 66ページから見たようにシリコンバレーでは多くのハイテク企業が飛躍を目指している。見逃せないのは、そうしたベンチャー企業の経営者が、技術だけでなく独自の経営観も持っていることだ。ITバブル崩壊を目の当たりにして、自社に合った方針を念入りに固める。その考えは、バブル時代にもてはやされたドットコム企業の経営モデルとは大きく異なる。(72〜74ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4519文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 資金調達
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
米カネスタ社
米シナプティクス社
米ロールトロニクス社
update:19/09/24