日経ビジネス 2002/09/30号

時流超流・トレンド In the Market
「特需効果」に乗れぬ沖電気 あれもこれもに市場は不満

 8月2日、政府・日銀が2004年春に新紙幣を発行することを決めたとの報道を受けて、現金自動預け払い機(ATM)で国内シェア首位の沖電気株は、まとまった買いを集めて急伸。直前の1日に212円の年初来安値を更新していたこともあり、2日と週末をまたいだ5日の2日間だけで株価は31%上昇した。(20ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1607文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
【記事に登場する企業】
OKI(沖電気工業)
update:19/09/24