日経ビジネス 2002/09/30号

特集 会社が堕ちる時 名門ほど危ない
日本ハム・三井物産・東京電力… 会社が堕ちる時 名門ほど危ない

 最近の相次ぐ企業不祥事には、3つの共通項がある。「名門企業」「官との馴れ合い」「内部告発」だ。 日本ハム、三井物産、東京電力と不祥事を起こしている企業は伝統があり、経営が安定している名門企業だ。こうした企業ほど、社内に聖域化した部門を作り、不正を温存させてしまいがちだ。そのことは32〜33ページに紹介した日本ハムの大社義規前会長の手記からも伝わってくる。(30〜31ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:700文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
【記事に登場する企業】
東京電力ホールディングス
日本ハム
三井物産
update:19/09/24